屈折矯正手術レーシック(LASIK)とは

屈折矯正手術レーシック(LASIK)とは

近視や乱視は、自然に治ることがあるのでしょうか

眼鏡やコンタクトレンズなしで、遠くがハッキリと見えたら・・・と。
これはいくつになっても、目が悪い人なら一度は考えたことがあることでしょう。
特に、眼鏡で不自由さを感じている方や、コンタクトレンズがうまく使えず困っている人にとっては、切実な問題です。 残念ながら一度進んだ近視や乱視は、自然に治ることはありません。
眼鏡やコンタクトに頼る生活から抜け出し、裸眼で日常生活が送れることを可能にするのが、まさにレーシックという技術なのです。 レーシックとは、遠くを良く見えるようし、コンタクトレンズや眼鏡なしで、快適な生活を送れるようにする最先端の治療といえるでしょう。

ぼやけた山    はっきり見える山

近視や乱視が強いと、コンタクトレンズや眼鏡なしでは、遠くの物をはっきりと見ることができません。
レーシックとは、近視や乱視を治す手術です。コンタクトや眼鏡なしで遠くの物を見えるようにします。

レーシックとは、どのような治療でしょうか

近視や乱視を治す屈折矯正手術(くっせつきょうせいしゅじゅつ)には、様々な種類がありますが、現在最も多く行われているのがLASIKです。手術は日帰りで行い、治療は20分で終了します。 翌日には、ほとんどの人が1.0以上の視力になります。半永久的な治療効果があり、手術前のもとのような視力に戻ることはありません。

レーシック術翌日には、ほとんどの皆様が1.0以上の裸眼視力となります。

レーシックの特徴

当院で最新鋭フェムトセカンドレーザーを導入した理由について

最新鋭フェムトセカンドレーザー

当初、当院では、以下に示す旧型フェムトセカンドレーザーによる許容できない合併症を懸念して、その導入に躊躇がありました。

  1. 高頻度に出現したDLK(Diffuse Lameller keraitis):原因不明の角膜フラップ下の炎症。 点眼液の変更や、角膜フラップ下の再洗浄、結膜(白目)下へのステロイドの注射、ステロイドの内服が必要なこともある。
  2. 術後、虹のように光が散乱してみえる「レインボーグレア」の出現。

しかし、最新型フェムトセカンドレーザー(AMO社製 iFS)の登場によりこれらの欠点は解決し、むしろ、マイクロケラトームによる不均一な厚さのフラップ、「thin flap」や「button hole」 、フラップエッジの薄さに起因するフラップ下への角膜上皮細胞の迷入「epihelial imgrowth」などの合併症から解放され、より確実で安全なフラップ作成が可能となり、このたび吉野眼科クリニックでは最新型フェムトセカンドレーザー(iFS)の導入に踏み切りました。

フェムトセカンドレーザーは非常に高価な機器ですが、手術費用は据え置きでiFSによるフラップ作成をご提供しています。

レーシックを受けることができる適応条件について

(1)年齢は18歳に達していますか?

レーシックは、原則18歳未満の方には行いません。 但し、進学や資格・就職にどうしても裸眼視力の向上が必要な場合は、例外的に御相談にのります。 なお、20歳未満の方は、保護者の同意が必要です。

(2)ここ一年で近視・乱視が進行しましたか?

レーシックは、あくまで今ある近視・乱視を治すもので、将来進む近視・乱視を予防するものではありません。 従いまして、最低一年間は視力の度数が変化していないことが手術を受ける条件の一つとなります。

(3)現在妊娠、又は授乳を行っていますか?

妊娠中や授乳中、又、ピルを服用している方は、ホルモンバランスが変化し、屈折度数が変化する場合があります。 出産後にレーシックをご希望される方は、一定期間を経てからとなります(術後の妊娠・授乳に付いては問題の限りではありません)。

(4)安定剤などの向精神薬を服用されていますか?

安定剤などを服用していますと、目の調節機能への影響などにより視力が不安定になる場合がありますので、レーシックは受けられない場合があります。

どれぐらいの人がレーシックを受けていますか?

レーシックは1990年に登場し、眼鏡・コンタクトレンズに次ぐ第三の選択肢として世界中に普及しました。欧米では年間120万人がレーシックを受けています。 日本でも、毎年5万人ほどがレーシックを受けており、今後さらにLASIKを受ける人口は増加すると思われます。当院は、1998年1月にレーシックを中心とした屈折矯正手術を開始し、これまで4000例以上の治療を行って来ました。

どれぐらいまで視力が回復しますか?

通常は、裸眼視力1.0以上を目指します。 最近5年のデータでは、当院でレーシックを受けた方の91.5%以上の方が1.0以上の視力を得ています。但し、患者さまの年齢によって、あえて1.0以上の視力を追求しない場合や、ご本人の近視や乱視の強さ、また角膜の厚さによっては、LASIKでは満足のできる視力を得られない場合もあります。
そのような患者さまへの対応も当院では可能です。

吉野眼科クリニックの治療成績(2009/10)

回復結果

※0.9以下になった方も、追加矯正手術によって視力の再調整が可能な場合がほとんどです。
追加矯正手術後のデータを含めると、97.5%以上の方が、裸眼1.0以上の視力を得ています。

メール相談はこちら

診療時間

午前10:00 ~12:00
午後15:00 ~18:30
※朝の受付は、午前9:30 から

休診日

水曜日
※土、日、祝日も平常通り診療

院長の診察や手術日程などについては、こちらから

アクセス

JR 御徒町駅から徒歩3 分
地下鉄 上野広⼩路駅から徒歩1分

詳しくはこちらから
▲このページの先頭へ

〒110-0005 東京都台東区上野1-20-10 風月堂本社ビル6階 TEL 03-3839-5092 吉野眼科クリニック 院長 吉野健一 (日本眼科学会認定眼科専門医)
東京歯科大学眼科講師 日本医科大学眼科講師

©2013 YOSHINO EYE CLINIC. All Rights Reserved.