術式の選択

どの術式が、私の目に適していますか?

目

術前検査によって手術が可能となった場合、次に術式を決めます。

当院では、例えば近視、乱視ともに軽度で角膜に非対称性の歪みがない方(収差が少ない方)には従来通りのレーシックを、近視や乱視が強く角膜が薄い方には、「ティシュー・セービングレーシック」を、収差の大きい方には「ウェーブフロント・レーシック」をお勧めしています。どの術式が適しているかは、術前の検査結果を踏まえた上で、お話し致します。

昨今、インターネット上では、様々な手術方法や種類が説明されています。 「最新の技術」、又「日本初導入」といった言葉で説明されている技術の中には、世界的には症例数が少なかったり、安全性そのものに不確かな技術もあり、新しい技術が必ずしも万能だとは限りません。

実際に、最先端と言われているイントラレーシックにおいて、今までの機器においては、術後にフラップ下の炎症(DLK:Diffuse Lameller keraitis)、レインボーグレアが頻発するなどの報告も一部にあり、まだ改善されるべき点があることが事実としてありました。大切なのは、精密な検査結果を十分に解析した上で、患者さん個々の目に最も適した治療方法の選択が必要でした。

最新型フェムトセカンドレーザー当院では、そうした中で、最新型フェムトセカンドレーザー(AMO社製 iFS)を導入しました。この機器の登場により、原因不明の角膜フラップ下の炎症やレインボーグレアが発症する可能性が改善され、むしろ、マイクロケラトームによる不均一な厚さのフラップ、「thin flap」や「button hole」 、フラップエッジの薄さに起因するフラップ下への角膜上皮細胞の迷入「epihelial imgrowth」などの合併症から解放されました。

より確実で安全なフラップ作成が可能となり、吉野眼科クリニックではフェムトセカンドレーザーによるイントラレーシックを行っております。 詳しくはこちらのページをご参照下さい。


現在行われている近視治療の中で、レーザーを用いてフラップを作る最先端技術を利用した術式です。 当院では、今までのレーザーよりも、安心・安全な新しい技術が加わった最新鋭のフェムトセカンドレーザーを利用することにより、より正確で安定した、より安全なレーシック手術が実現しています。 当院のiFSフェムトセカンドレーザーについては、こちらをご参照下さい。


目の個体差に合わせたオーダーメイドのレーザー照射が可能な術式です。 従来のレーシックに比べ「視力の質」の向上と、角膜組織の切除量の軽減が得られます。視力の質を重視する方や、夜間に車の運転が多い方には特にお勧めです。


角膜組織切除量の軽減効果を有します。
従来のレーシックに比べ最大で30%の角膜切除量を軽減できる為、強度近視の方、角膜厚が薄い方、高次収差が少ない方に最適な術式です。


周辺部のレーザー照射法に改良を加え、より滑らかな光学部を形成できるのが特徴です。
それにより、高次収差を軽減し。ハロ・グレアの軽減が可能になります。


100~160ミクロンのフラップを作成し、角膜を一様にレーザーで削っていきます。
そのため、切除量が多くなり角膜の節約を考慮した場合に、ほとんどの人でこの施術を選択することはありません。


エキシマレーザーで50ミクロンの角膜上皮を剥いでから、レーシック同様にレーザー照射を行います。
格闘技選手など、特別な場合に限り行われる治療です。


角膜と虹彩の間、または虹彩と水晶体の間に、人工のレンズを挿入します。 角膜の厚さに関係なく、最強度の近視、乱視を治すことが可能です。 レーシックが不適応となった方に主にお勧めしています。


レーシックに比べ、極めて薄い角膜フラップ(50ミクロン) を作成することで、安全に削ることのできる角膜の厚さを増大させますが、フラップ形成不全が起こりやすいという問題があります。そのため、当院では行っていません。 文献的にPRKとの成績に差はないため、当院ではPRKで十分であると考えてます。


非常に薄いフラップを作成できますが、中には不完全なフラップができる場合、角膜に濁りが生じる場合があり、その不確実性のため、当院では行っていません。

メール相談はこちら

診療時間

午前10:00 ~12:00
午後15:00 ~18:30
※朝の受付は、午前9:30 から

休診日

水曜日
※土、日、祝日も平常通り診療

院長の診察や手術日程などについては、こちらから

アクセス

JR 御徒町駅から徒歩3 分
地下鉄 上野広⼩路駅から徒歩1分

詳しくはこちらから
▲このページの先頭へ

〒110-0005 東京都台東区上野1-20-10 風月堂本社ビル6階 TEL 03-3839-5092 吉野眼科クリニック 院長 吉野健一 (日本眼科学会認定眼科専門医)
東京歯科大学眼科講師 日本医科大学眼科講師

©2013 YOSHINO EYE CLINIC. All Rights Reserved.