吉野眼科が考えるフェイキックIOL費用

フェイキックIOL処方費用(税込表示価格)

  両 眼 片 眼
近視矯正のみの ノーマルレンズ 980,000円(税込) 500,000円(税込)
近視と乱視の矯正を行う トーリックレンズ
または、
折りたたみ式 フォーダブルレンズ
980,000円(税込) 500,000円(税込)

ICL

ICL(乱視入り)

1,000,000円(税込)

1,040,000円(税込)

520,000円(税込)

各種検査費用

検査項目 費用 備考
術前検査 約6,500円 精密検査によりフェイキックIOLの シミュレーションを行います。
適応検査 無料 簡易検査によりフェイキックIOLが可能かどうかを調べます。
術後検診 3ヶ月目検診まで無料、その後は一回の検診で約1,500円となります。

費用のお支払いについて

お支払いは「現金」か「お振り込み」、また「クレジットカード払い(一回払いのみ)」でのお取り扱いとなります。
下記、費用につきまして、具体的なご説明を掲載させて頂きます。

術前検査費用(感染症検査を含む)【6,500円程度で必要な全ての検査】

術前検査は、感染症採血も含め6,500円程度でフェイキックIOLに必要な全ての検査をお受けになることができます。
なお薬が出たり、眼疾患が発見された場合など、特殊な事情で別途費用が必要になる場合があります。
例えば、精密眼底検査で網膜裂孔が見つかり、レーザー光凝固処置を急きょ行う場合などです。

術後の検査費用について【術後3ヶ月まで無料】

術後3ヶ月までの診察代金は手術費用に含まれてますので、無料ですが、状況により目薬代が別途必要になる場合があります。
術後の定期検診は、翌日、1週間後、1ヶ月後、3ヶ月後、半年後、1年後となっています。
3ヶ月以降の診察代金は1回1,500円程度です。

生命保険加入の方は、手術給付金を受領できる場合があります。

生命保険会社や契約内容によって異なりますが、フェイキックIOLを受けたということで、手術給付金が支給される場合があります。加入している生命保険会社へご確認下さい。
なお、申請には診断書が必要になります。診断書作成料は5,000円です。

医療費控除のご利用について

フェイキックIOLを含む屈折矯正治療が、医療費控除の対象となる場合があります。 医療費控除とは、一世帯(同一家族)の医療費の合計が10万円を超えた場合、医療費の総額から10万円を差し引いた金額が税金控除額として加算されるという制度です。 医療費控除の申請は確定申告時に行います。
なお、控除の対象となるかどうかは、各自治体また税務署によって異なります。

各種、お支払い手続き、申請手続きは、吉野眼科クリニック秘書がご相談に応じます。

メール相談はこちら

診療時間

午前10:00 ~12:00
午後15:00 ~18:30
※朝の受付は、午前9:30 から

休診日

水曜日
※土、日、祝日も平常通り診療

院長の診察や手術日程などについては、こちらから

アクセス

JR 御徒町駅から徒歩3 分
地下鉄 上野広⼩路駅から徒歩1分

詳しくはこちらから
▲このページの先頭へ

〒110-0005 東京都台東区上野1-20-10 風月堂本社ビル6階 TEL 03-3839-5092 吉野眼科クリニック 院長 吉野健一 (日本眼科学会認定眼科専門医)
東京歯科大学眼科講師 日本医科大学眼科講師

©2013 YOSHINO EYE CLINIC. All Rights Reserved.