有水晶体眼内レンズ・フェイキックIOLとは

フェイキックIOL(有水晶体眼内レンズ)とは

眼の中にソフトコンタクトレンズのような柔らかいレンズを眼の中に挿入して、近視を矯正する方法です。 そのため、ウェーブ・フロント・レーシックやティシュー・セービングレーシック等によっても、矯正できない「強度の近視・乱視」「角膜が薄い」「暗所瞳孔径が大きい」といったレーシック不適応の方に、フェイキックIOLが有効な治療法となります。

有水晶体眼内レンズの名の通り、患者さんの水晶体を残した状態で、目の中にレンズを挿入します。水晶体による調節機能が温存されるため、近くにもピントが合います。但し、レーシックと同様に、老眼のある方が手術により遠くが見えるようになると、近くを見るための眼鏡が必要になります。すでに一定上の白内障がある場合は、そちらから手術で治療することになります。

フェイキックIOLは、ヨーロッパでは1986年から、眼の中(前房:角膜と虹彩の間の空間)に、人工レンズを挿入することで行われてきました。2004年9月には米国FDAの承認も得ており、その安全性と有効性は確立されてきました。

当院では、2006年1月より、フェイキックIOL手術を施行

フェイキックIOLは、OPHTEC社、またはSTARR社指定の研修を受けた施設のみが行える手術です。しかし、レーシックと同様に、商業ベースでフェイキックIOLを行っている施設も少なくなく、手術を受ける前には慎重な施設選びが重要です。

当院は、手術後の合併症等に迅速に対応できる技術と診療体制を有した眼科医療施設であり、数多くの症例数を有しています。

治療前の視力0.03→治療後の視力 1.18
吉野眼科クリニックのフェイキックIOL治療成績(2009/12)

TV東京「Letters ~感謝の手紙~」のご紹介

治療テレビ東京様におきまして、2012年4月19日(木)放送分の「Letters~感謝の手紙~」、『強度の近視と乱視から明るい人生を取り戻してくれた眼科医へ』として、当院院長が番組内で取り上げられました。
感謝の手紙

フェイキックIOLの種類とレーシックとの違い

レーシックの構造

角膜にレーザーを照射

レーシックでは、角膜に対してレーザー施術をする方法となります。
そのため、不適応と判断された方は、角膜以外で屈折矯正を検討する必要があります。

適応屈折度数

  • 近視度数-0.00D以上、-8.00D以下
  • 遠視度数+1.00D以上、+5.00D以下
  • 乱視度数-5.00D以下

※手術には角膜に一定の厚みが必要
※両眼同時手術は可能

フェイキックIOLの構造と種類

折りたたみ式レンズとなりますので、小さな切開から挿入可能です。
角膜形状をほとんど変化させずに視力矯正を行う方法になります。
角膜が薄くレーシックを受けることができない適応外の方も視力矯正が可能となります。

前房型有水晶体眼内レンズ
フォータブルレンズ:近視矯正用折りたたみ式レンズ

フォータブルレンズアーチフレックス(Artiflex)という折りたたみ式前房型フェイキックIOLは、3.2mmという短い切開創で手術できるため、術後乱視が生じにくく、また、レンズ直径が6mmであるため、ハロー、グレアが出にくい第一選択のフェイキックIOLです。

トーリックレンズ:近視+乱視矯正用折りたたみ式レンズ

トーリックレンズ乱視入りの前房型フェイキックIOLです。折りたたみ式であるため、3.2mmという短い切開創での手術が可能です。近視のみならず乱視矯正に優れるため、-2ジオプター以上の強度乱視の方が適応となります。

前房内に人口レンズを挿入

適応屈折度数

  • 近視度数-3.00D以上、-23.5D以下
  • 遠視度数+1.00D以上、+12.0D以下
  • 乱視度数-7.00D以下

※角膜の厚みに関係なく手術可能


後房型有水晶体眼内レンズ
ICL(Implantable Collamer Lens):近視矯正用折りたたみ式レンズ

ICL眼球内の虹彩と水晶体の間にレンズを移植して、近視や乱視を治す方法(有水晶体眼内レンズ・後房型フェイキックIOL)です。

後房内に人口レンズを挿入

適応屈折度数

  • 近視度数-2.00D以上、-19.00D以下
  • 遠視度数はありません。
  • 乱視度数-0.75D以上-5.00D以下

※手術には前房に一定の深さが必要
※両眼同時手術は可能(ICLの場合)

ICL(有水晶体眼内レンズ)は、前房型のフェイキックIOLと違い、虹彩と水晶体の間(後房)に固定します。そのため、レンズの偏位や脱落をおこしにくいことが特徴です。 世界において、1997年に欧州でCEマークを取得後、世界64ヶ国、165,000眼以上に使用されています、日本では2010年に厚生労働省から国内初のフェイキックIOL承認を受けており、認定医制度のもと、当院でも取得済みです。

フェイキックIOL承認

ICLの角膜を削らない手術内容
ICLの4つの特長

<色鮮やかな見え方>
角膜を削ることなく、眼内のレンズで近視を矯正するため収差が増えません。さらにクリアで色鮮やかな見え方や、いままでとは違うハイビジョンの奥行や立体感を実感できます。

ICL眼 レーザー角膜矯正眼

<幅広い矯正範囲>
角膜を削ることが出来ない「強度近視の方」「角膜厚の薄い方」「角膜形状不正の方」にも可能です。

ICLの矯正量

<長期安定性>
生体適合性に優れた新素材「コラマー(Collamer®)」を採用しており、1997年から欧州で販売を開始し、全世界で300,000 眼以上の実績があり、14年以上の長期実績があります。

<ノンドライアイ、紫外線ブロック>
角膜を削らないので知覚神経を切断することなく矯正可能です。術後ドライアイを発症する心配がありません。レンズに紫外線吸収剤が含まれてますので、紫外線A波・B波をブロックできます。
※ICLはUV吸収サングラスの代わりにはなれません。

生体適合性に優れた新素材「コラマー(Collamer®)」

コラマーはHEMAとコラーゲンの共重合体です。生体適合性に優れた親水性素材です。

素材

フェイキックIOLの特徴と禁忌

特徴

禁忌(手術ができない場合



患者さんからのお手紙

今では目に映る全てのものが立体的で色鮮やかに見る事が出来、世界が輝いて見えます。


クリックすると拡大

拝啓

 私の人生を変えて下さった吉野先生に心から御礼申し上げます。今では目に映る全てのものが立体的で色鮮やかに見る事が出来、世界が輝いて見えます。

 私は小学校2年の時に斜視の手術をしてから眼鏡を掛けるのは当たり前と思っていました。さらに、未熟児で保育器に入っていた事もあり、眼に影響が出るのは仕方が無いと諦めてもいました。しかし、右目に黒い塊が浮かぶ様になり、慌てて近所の眼科を受診した処、「飛蚊症」という診断でした。

そのうち左眼にも「飛蚊症」の症状が表れ始め、不安が重なったせいでしょうか。眼鏡を掛けると頭痛が酷くなり、コンタクトレンズを勧められても、アレルギー性結膜炎の為、利用する事が出来ず、牛乳瓶底眼鏡を掛け不安と戦う毎日でした。

 そんな時、インターネットで「患者が選ぶ一番の病院」という吉野眼科クリニックを知りました。

 ところが検査の結果、私は強度の近視及び乱視の為、どんなに矯正しても、左0.4、右0.7程度迄しか回復しない事を知り、落胆致しました。「やはり駄目だったか」という思いに打ちひしがれていた処、先生から、フェイキックIOLという手術があると教えて頂きました。裸眼で0.1も無い視力の私は、劇的には回復しないという事を伺い、視力回復にはそれ程期待はしていませんでした。

 最初に左眼の手術、その一カ月後に右眼の手術を受けました。

 手術当日は、非常に緊張しており、当初は緊張を和らげる為にかかっていた「カーペンターズ」の音楽しか耳に入らない状態でした。しかし、吉野先生の時々掛けて下さる「大丈夫だよ」という優しい御言葉がお守り代わりになった様な気が致しました。

 手術の翌日は休診日であったにも関わらず、術後の検査をして下さり、アフターケアをきちんとして下さるので本当に安心して手術を受ける事が出来ました。

 翌日から徐々にではありますが、視力が回復し始め、左眼は視力が回復した御蔭でしょうか、飛蚊症が気にならなくなり、軽減された様に感じます。驚いた事に、術後は念願だった1.0迄回復する事が出来ました。これは本当に嬉しい誤算でした。頭痛と視力の不便さから解放され、晴れ晴れとした思いで毎日を送っております。手術を受けて、変わった事は視力回復だけではありません。手術前は、職場でパソコンに向かっている時、よく見えない為にしかめっ面をしていて、周囲からからかわれる事が多かったのです。しかし、今ではクリアな視界の御蔭で、能率の上がるようになりました。そして、周囲から「眼が大きくなって綺麗になったね」とまで言われる様になったのです。

 今は楽に見る事が出来ますから、自然と表情が豊かになったのだと思います。

 何より嬉しいのは、お話する相手の表情を見る事が出来るという事です。今では相手の細かい表情迄見る事が出来、「この方はこんな顔をしていらしたのだ」と新たな発見をすると共に、感動の連続の毎日です。

 もっと早くに手術を受けていれば、あんなに苦労する事はなかったのにと後悔しております。吉野先生によって、救われました。
 人生が変わるという言葉はうそではなかった。

 本当にありがとうございました。

敬具

メール相談はこちら

診療時間

午前10:00 ~12:00
午後15:00 ~18:30
※朝の受付は、午前9:30 から

休診日

水曜日
※土、日、祝日も平常通り診療

院長の診察や手術日程などについては、こちらから

アクセス

JR 御徒町駅から徒歩3 分
地下鉄 上野広⼩路駅から徒歩1分

詳しくはこちらから
▲このページの先頭へ

〒110-0005 東京都台東区上野1-20-10 風月堂本社ビル6階 TEL 03-3839-5092 吉野眼科クリニック 院長 吉野健一 (日本眼科学会認定眼科専門医)
東京歯科大学眼科講師 日本医科大学眼科講師

©2013 YOSHINO EYE CLINIC. All Rights Reserved.